顧問弁護士のチェックで安心

顧問弁護士の仕事の一つとして法的なリスクを負っていないかどうかのチェックがあります。会社側で法的なトラブルがあった場合、初めての弁護士を立てるよりも顧問弁護士を利用した方が良いのです。その理由は、顧問弁護士は企業側の内情をある程度把握していますし、社員や会社役員そして会社経営者とも普段から交流があります。このような関係をつくっていくことで、事前に法的なトラブルが起こらないようにチェックすることができます。訴訟などになった場合、その都度新しい弁護士を雇用する場合は高い費用がかかってきますし、会社の様子などが全くわかっていないので最初から調べ確認していく必要がでてきます。

これには時間も労力もかかりますので無駄な時間を多く要してしまいます。それに並行して弁護士料も高額になってしまいます。しかし顧問弁護士の場合は、訴訟などが起こっても、内情がわかっていますので迅速な対応ができるのです。できれば事前に様々なことを弁護士チェックしてもらうことで、このような訴訟に至ることがなくなるのです。また、会社で雇用している弁護士には、なんでも相談することができます。もちろんその相談は会社関係の上の人だけではなく会社で働いている社員たちも利用できます。書類作成などで仕事の契約書類などを作るときでも弁護士がおこなってくれますので、法的なトラブルにならないような作成をしてくれますし、あらかじめ問題を回避するように作成そして指導などをしてくれますので、安心していられます。

すべての物事をチェックしている人間がいるということは、会社にとっては大変なメリットになりますし、他社からの信頼も多くなります。この会社と契約することは、問題なく物事が進んでいくと相手側に思ってもらえるのです。

Published by